住宅を購入するという意思が固まっても、一戸建てとマンションの間で心が揺れ動いてしまうかもしれません。

賃貸マンション借り方ガイド
賃貸マンション借り方ガイド

どちらにも利点とそうでない点が

わたしたちの大半は、人生のある段階、つまり大学進学や就職に伴って実家を離れます。
やがて、家庭を持ち、最初の頃は賃貸物件に入居することになるかもしれません。
そうして、給料も少し上がって、蓄えもでき、そろそろマイホームを持ってもいい頃だろうか、という考えが浮かびます。
住宅を購入するということは決まったとしても、次に来るのが大きな選択になります。
つまり、一戸建てにするか、それとも賃貸マンション、分譲マンションなどの、マンションにするかという点です。
この点においては、自分たちの決定というよりは、外部の要因によってある程度方向付けられることになります。
例えば、都心に住むことを考えているのであれば、普通に考えると、一戸建てを立てるのは難しいかもしれませんし、仲介業者に聞いてびっくりするのは、その値段です。
同様に、都内であればマンションの販売価格、賃料も、他県に比べると高いので、いずれにしても大きな決定を下すことになります。
専門家たちはよく、「結局のところ、一戸建てとマンションでは、どちらがお得なのでしょか」と聞かれるようです。
しかし、答えとしては、一戸建てにもマンションにも、どちらにもそのメリット、デメリットがあるということです。

金銭面で考えても答えは出しにくい

最終的に、一戸建てを買うか、賃貸マンション、分譲マンションに住むかという選択は、それぞれのメリット、デメリットを考慮に入れたうえで、自分たちで決定しなければなりません。
そのしないと、不動産屋の仲介人の都合のいいように物事を運ばれてしまうかもしれません。
結局のところ、自分が制約を受ける枠内で、自分と家族に合った住み方のできるところに入居するのがいちばんでしょう。
まず、一戸建てにはそれなりのメリットがあります。
まず、敷地面積にもよりますが、自分の家に駐車場として使えるスペースを確保できる場合、毎月駐車場代を払う必要がありません。
それに加えて、マンションに住む場合には義務付けられる、維持管理費、修繕積立金を支払う必要がありません。
しかし、一戸建ての場合も、マンションと同じく老朽化しますので、その対策としての修繕費は、自分の裁量で積み立てを行なっていく必要があります。
その他のメリットとして、一戸建ての場合は、建物自体だけではなく、土地も購入することになります。
そのために、築数年たつと、建物の評価額はどんどん下がっていきますが、それでも土地があるために、資産価値が大きく減ることはありません。
そのため、何かの都合で融資等を受ける必要がありなら、土地を担保にすることもできます。


Copyright(c) 2016 賃貸マンション借り方ガイド All Rights Reserved.